読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今ここを「Shangri-laにする」 

Acid Black Cherry 関連、音楽や旅行先での出来事、グルメリポートや生き様等 書いていきます。 

悲劇は瞼を下した優しき鬱・・・

 

 

No.26

今なお宮城県の津波や

熊本の地震は記憶に新しいですが

新潟県も過去何度か数多くの災害に見舞われています。

 

最近では糸魚川の大火事が記憶に新しいですが

中でも2004年に起きた新潟中越地震

 

 

新潟県北魚沼郡川口町(現長岡市)の直下を震源として発生した逆断層型の内陸地殻内地震で、震源直上の川口町では最大震度7を観測した[1]。震度7を観測したのは、1995年の阪神・淡路大震災以来9年ぶり、観測史上2回目。なお、阪神・淡路大震災では気象庁などの調査によって震度が判定されたため、震度計で震度7が観測されたのは初めてである。また、M6を越える規模の大きな余震が複数回発生するなど、群発地震活動を呈して頻繁に起きたことも特徴のひとつである。

 

この時自分も中越地震のボランティアで

現地に駆けつけました。

 

ほんとに災害は恐ろしいもので

状況を語ればきりがありません。

 

地震の時は聖籠町という市内から30分ほど離れたとこに

いましたが凄く揺れました!!

 

ほんとに建物が真ん中から「ポキンっ」と

折れてしまうんではないか?

と思うほど左右に揺れて

五階にいたんですが家を飛び出すこともなく

ただ収まるのを部屋で待つだけでした。

 

あの「揺れ続ける恐怖」は今も忘れられません。

 

それ以降、出来れば一階に住んでいたいと思いました。

 

普通に病気も怪我もなくなんの変哲もない日常は

当たり前で退屈かもしれませんが

実はそんな日常は凄い幸せな事なんだと思えました。

 

布団に寝れる事やお風呂に入れる事

食べたいものが自宅で食べれる事など

電気が使える事

家族がいる事

仲間がいる事

普段の普通がいかに有難い事と思えるのも

そんな経験や状況を経験するからこそ

気付ける事かもしれません。

 

 

 

愛する者を奪われても

希望や夢壊れても

それでも今君は生きている

わかるかい?

 

大事なのは「Shangri-la」

その傷を忘れない事・・・

 

 

 

 

今の生活、環境、仲間や家族がいる事に

感謝して今ここを生きよう。